携帯料金が払えない

携帯料金が支払えないとお困りの方へ

強制解約となり事故情報として扱われることになります!

 

支払い遅延による事故情報が続くと…「携帯電話の契約が新規で出来なくなる」「他のクレジットカードが組めなくなる」「各種ローンが組めなくなる」可能性があります。

 

そうならないように、大手カードローンで即日の立替をすることをお勧め致します。

 

 

【安心できる!大手カードローンの正しい選び方】

ラクラク!月々の返済金額が低いものを選ぶ!
スピーディー!最短即日で審査・融資が可能!
経済的!金利が低いところを優先する!

 

現在、キャッシングは8人に1人が「家計のやり繰り」で利用しており、カードローンは悪いというイメージから安心して使える便利なサービスとして支持されています。

 

下記では、カードローンで安心できる会社のみをピックアップしましたのでご確認ください。

安心して借入できる大手カードローン一覧

【銀行カードローン】総量規制対象外、専業主婦OK

 

【銀行系カードローン】

 

 

だれでも、お財布のピンチを経験したことがあると思いますが、携帯電話の利用料金が払えないときは、意外と深刻です。 携帯電話の料金を延滞するくらいなら、カードローンに申込んで、延滞を回避したほうがメリットが大きくなります。 ここでは、携帯電話の料金をカードローンで借りて支払うべき、3つの理由について説明します。 携帯電話の延滞金について 携帯電話の契約書(約款)を読んだことがない、という人が多いと思いますが、電話料金の延滞をすると、  カードローンと変わらない延滞金 が請求されます。 たとえば、NTTドコモの場合なら、支払期日から年利14.5%の延滞金が請求されますので、銀行カードローンと変わらないほどの利息がついてしまうことになります。 最終的には支払わなければならない料金ですので、利用停止となる前にカードローンで払ってしまったほうが良いと思われます。 携帯本体が分割のときは・・・ さらに問題となるのは、携帯電話の機種本体が分割払いになっているときです。 携帯電話の本体の支払いについては、クレジット払いになりますので、延滞してしまうと信用情報機関に事故情報が残ります。 事故情報が記録されてからカードローンに申し込もうとしても、カードローンの審査が厳しくなるのは当然です。 事故情報が信用情報機関に登録される前に、早めにカードローンで払ってしまうべきでしょう。 カードローンなら自分のペースで返済 携帯電話の利用料金は、一括で請求されますが、カードローンなら、自分のペースで返済額を決められます。 たとえば、携帯料金以外のことも考えて10万円キャッシングしたときでも、毎月の返済額は4000円前後と少額です。 家計の見直しをする場合でも、とりあえず携帯料金を支払ってしまい、無駄な支出を減らしていけばよいだけのことです。 今日中に携帯料金を支払わなければならないなら、できるだけ早めにカードローンの審査を受けるようにしてください。